加藤 正憲  

 

 東京都生まれ。東京写真専門学校を卒業後、伝説の原宿セントラルアパートを
 中心にアパレル分野でファッションマガジンやカタログ上などで活動する。

 

 80年代にBOOWYのプロモーションの写真撮影を手掛けた。

   この時代のレコードジャケットと言えばアーティストのみを撮ったものが

   ほとんどでシルエットの物など見た事が無いと言うのが常識のはずだったが、

   このジャッケットは彼らを撮影する中で偶発的なインスピレーションが生まれ

 想像以上のパワーが重なり写実的な写真からアーティスティックな

   写真を撮る事が出来た

   撮影時の創造性との融合で、より素晴らしいものを創りあげていけると確信した

   一枚 である。

   そしてBOOWYのライブアルバム"GIGS"JUST A HERO TOUR

   1986の表紙に使用されたディスクジャケットのシルエット写真はBOOWYを

 象徴するトレードマークとなった。
   以後の日本音楽業界におけるアーティスト写真にも大きな影響を与えている。
 また早い時期からコンピューターワークや撮影のデジタル化によって、CGと写真との
 コラボにより革新的な作品を生みだす。

   

    現在、フィールドを京都にまで広げ、トラディショナルな文化
 と現代コンテンポラリーを融合した表現を取り入れ活動しています。